歯はいのち

みなさまの大切な自然の歯を全力で守りたい!

歯を失ってしまう原因は、むし歯だけではありません。

歯の周りにいる細菌が引き起こす歯周病が進行すると、
歯を支えている骨が溶け、やがて歯が抜け落ちてしまいます。
むし歯のような痛みがないため、気づかないうちに進行する歯周病。

早めの検査と治療が欠かせません!!!

10代で55%、30代では81%が感染 歯周病ってどんな病気?

歯周病の有病率

歯周病は、歯の周りにいる細菌が原因で歯ぐきが(追加)炎症を起こし、進行すると歯槽骨(歯を支えている骨)が溶け、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。むし歯のように自覚症状が出にくいため、気づかないうちに進行するケースが多いのですが、歯ぐきから出血したり、歯がグラついたりする場合は、歯周病の可能性が高いといえます。

厚生労働省の調査によると、10代でも55パーセント、30代では81パーセント、50代になると88%の人が歯周病にかかっています。まさに国民病ともいえる病気ですが、歯周病の怖さは、歯を失ってしまうだけではありません。

実は、歯周病は糖尿病や心臓病をまねく危険因子の一因であることが、最近の研究でわかってきました。歯周病を放置すると、歯周病菌が血流に入り込むことで血糖値を下げるインスリンの働きが低下し、糖尿病を引き起こしたり、悪化させたりします。また、歯垢が血流に入り込むと、血栓が作り出され、動脈硬化などの原因になるのです。そのため、心臓病が死因の主要因のひとつであるアメリカでは、歯周病の予防に力を入れています。

残存歯数

健康を守るためには 歯周病菌の検査と除去が大切

歯周病の有病率

身体全体の健康に影響する歯周病対策として、当院では、位相差顕微鏡を使って口腔内を検査し、歯周病の原因となる細菌の有無を診断しています。その結果、もし歯周病菌が存在する場合は、細菌を徹底的に除去する治療を行っています。

繰り返しますが、歯周病は自覚症状が出にくい病気です。
「むし歯もないし、私は大丈夫」と自分の歯の健康を過信してはいませんか。

歯の痛みは感じていなくても、つぎの項目に心当たりはありませんか。

最新情報

  • 2011年5月19日
    サイトをリニューアルしました。
  • 2011年1月10日
    サイトを公開しました!

このページの先頭へ